気になる!! 芸能ニュースまとめ

みんなが気にしてそうな芸能ニュース、画像などをまとめているサイトです。
芸能界に関する情報以外にも気になるニュースを載せていきたいと思っています。

    カテゴリ: ニュース



    1 muffin ★ :2019/06/18(火) 00:38:41.00 ID:UBza8Gk89.net

    https://www.j-cast.com/2019/06/17360267.html
    2019/6/17


    東京・上野の東京都美術館内で車イスの男性からいきなり殴られたと、漫画家の峰なゆかさん(34)がツイッターで主張し、何があったのかと波紋が広がっている。



    美術館の広報担当者は6月17日、J-CASTニュースの取材に当時の状況を説明した。

    防犯カメラを確認したところ、絵画を鑑賞する車イスの男性の前に峰さんが立っている形になり、これに対し、男性は、峰さんを複数回にわたって手で払っていた。会話の音声については、取れていないという。

    峰さんは、すぐにスタッフのところへ行き、「手で3、4回はたかれた」と訴えた。この場面を見ていたスタッフはいなかったという。スタッフが「ケガありませんか?」と聞くと、峰さんは、「大丈夫です」と答えた。男性はその後、場所を離れたため、峰さんやスタッフと話すことはなかった。

    峰さんはその後、救護室で休み、落ち着いてから帰った。その場に看護師がおり、峰さんにケガはなかったという。

    広報担当者は、男性が常連客であることや口頭注意のこともスタッフが峰さんに話したことを認め、「誤解を与えてしまった」と話した。男性は、展覧会ごとに来ており、大きな声を出すので注意していたというが、手で払うようにしたのは初めてだという。

    また、スタッフはその場で男性に話を聞かなかったとして、「落ち度だと思います」と言っている。

    「スタッフが、一方のお客様から事情を聞かなかった」
    都美術館は6月17日夜、公式サイトを更新し、「館内トラブルについてのお詫び及び今後の対応について」と題して事情を説明した。峰さんについては、「館内トラブル時の美術館の対応により、ご不快な思いをさせてしまいました」とし、連絡を取ってお詫びしたと説明した。

    そして、「今回の件では、警備スタッフが、一方のお客様から事情をお聞きしなかったことなど、トラブル後の対応が十分でなかったことに加え、お客様に配慮を欠くご案内をしてしまい、改めて深くお詫び申し上げます。また、特定のお客様に特段の配慮をしているかのような誤解を与えてしまったことに対しても、重ねてお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

    そのうえで、「トラブルが発生した際は、双方のお客様から丁寧に事情を確認し、状況によっては毅然とした対応をとるなど、より一層お客様の立場に立った対応を心がけてまいります」としている。

    都美術館の「お詫び」を受けて、峰さんは「本日、東京都美術館の方から美術館側の対応について謝罪をいただきました」などとツイート。「また興味のある展示があればお伺いしようと思っています」としたうえで、

    「あと今回の件で障害を持っている方全体を非難するようなツイートをちらほら見かけるのですが、そういうことはやめてください」
    と呼びかけた。

    元ニュース
    【社会】東京都美術館 漫画家・峰なゆか氏が受けた館内トラブルの対応について謝罪「現在、事実関係を確認」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560692386/
    【漫画】美人漫画家の峰なゆか先生が美術館で見知らぬ人に複数回殴られる事件発生 ★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560692893/


    【【漫画家】「車イスの男性に殴られた」峰なゆか氏に都美術館がお詫び、峰さんは「障害を持っている方全体を非難するツイートはやめて」】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/17(月) 13:06:55.15 ID:13ulUiwG9.net

    2019年6月17日 11時1分スポーツ報知 # 芸能# 訃報・おくやみ

     FM京都の番組「α-MORNING KYOTO」のDJを務めていた佐藤弘樹さんが、病気のため死去したことが17日、分かった。62歳だった。同局の公式サイトで発表された。病名については明かされていない。

     同局では「5月22日より、番組『α-MORNING KYOTO』をお休みされていたα-STATION DJ佐藤弘樹氏がご病気のため永眠されました。享年62歳でした」と訃報を報告。「謹んで、リスナーの皆様にお知らせ申し上げますとともに、ここに生前の氏へのご厚誼に深く感謝申し上げます。尚、葬儀につきましては故人のご遺志、ご遺族のご意向により既に近親者のみにて執り行われました」とした。

     その上で「氏は、お元気な頃から、DJとしてプロフェッショナルの在り方を常に考え、リスナーの皆様のもと毎朝自身の声や考えを、番組『α-MORNING KYOTO』を通しリアルタイムで届ける事に徹してこられました。それは体調を崩されてからも変わることがなく、ご本人の『最後まで、オンエアマイクの前に居たい』という強いご希望に、私どももでき得るかぎり寄り添えるよう、『病状は一切公表せず』との氏のご意志を尊重して日々話し合いの場を持ちながら、病状と向き合い、体力の続く限り務めてこられた生放送を見守らせて頂きました」と佐藤さんがひそかに闘病しながら仕事を続けていたことを報告。

     「療養に入られて以降、出演者、スタッフ一同、毎日佐藤さんのお帰りを待って番組をお送りしてまいりましたが残念ながら復帰は叶うことがないまま、5月21日が、氏の最期の放送となりました」と惜しんだ。

     「『おはようございます、佐藤弘樹です。』α-STATION FM-KYOTOの朝の顔として、声として、25年と8ヶ月。ここに、番組「α-MORNING KYOTO」に多大なるご貢献をいただきましたDJ佐藤弘樹氏へ哀悼の意を表しご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からのご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

    https://hochi.news/articles/20190617-OHT1T50100.html


    【【訃報】 FM京都の“朝の顔”DJ佐藤弘樹さんが死去 享年62 病気のため 2019/06/17】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/06/16(日) 22:59:34.89 ID:yzHaKvZ69.net

    東京都美術館が16日、公式ツイッターを更新。SNSなどで拡散している館内トラブルについて謝罪した。

    「アラサーちゃん」で知られる漫画家の峰なゆか氏(34)が15日夜、自身のツイッターで、同美術館で展覧会を鑑賞中に「車椅子に乗った男に殴られた」被害に遭ったことを告白。峰氏は「今日は東京都美術館のクリムト展に行って絵を見てたら、急に車椅子に乗った男に殴られた。びっくりしすぎて固まってたら、さらに無言で2、3発殴られた。美術館の人に伝えると『常連のお客様で頻繁にトラブルを起こす方なんですけど、こちらでできることは口頭注意くらいです』とのこと」と説明し、さらに「追いかけて殴り返そうとしたけど『峰なゆか障害者男性に暴行』という見出しがよぎってやめた。何もできないわ痛いわ惨めだわで泣けてきて、とにかく私が泣きまくるので最終的に私が救護室に連れていかれて終了しました」とつづった。

    この書き込みに対して2万以上の「いいね」とリツイートがなされ、都美術館に質問などが殺到。美術館側はこの日「東京都美術館にいつも御来場、御支援いただき、ありがとうございます。昨日御来館いただいたお客様に、館内トラブル時の美術館の対応により、ご不快な思いをさせてしまいました。また、このことについて多くの方からお問い合わせをいただくなど御心配をおかけしております。誠に申し訳ございません」と謝罪した上で「現在、事実関係を確認しており、明日以降、できるだけ早く当館の対応につきまして当館ホームページ等でご説明させていただきます」と説明した。

    6/16(日) 22:34
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00000240-spnannex-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【お詫び】東京都美術館 漫画家・峰なゆか氏が、車いすの男性に殴られた館内トラブルの対応について謝罪「現在、事実関係を確認」】の続きを読む



    1 予想健ちゃん ★ :2019/06/14(金) 07:34:31.19

    ◆ 超人気3人組バンドメンバー「強制性交逮捕?」ナックルズ速報に驚愕……新井浩文、山口達也数々の「予言」的中の歴史

    最近何かと注目を集める「実話ナックルズ」が、またも「大爆弾」を投下している。
    同誌の公式Twitterが13日「3人組の超人気バンドメンバーが、強制性交の疑いで事情聴取、または逮捕との情報が あの名曲はどうなってしまうのか…詳細な情報がはいりしだいまたお伝えします!」と更新。

    すでにネット上では「あのバンドか?」「気になる」「最近のナックルズは侮れない」とすでに大きな話題になっている。
    出されているヒントは「超人気3人組バンド」という点だけで、それだけでは特定は難しいが……なんにせよ、今後の報道が気になるところだ。

    「ナックルズ」は新井浩文、そして昨年の山口達也と、続けて性トラブルの「予言」を的中させている。
    それだけに「また大騒動になるのでは」とも。

    今後の詳報に注目である。

    https://twitter.com/jitsuwaknuckles/status/1139066324536111104

    エンタMEGA 2019.06.13
    https://entamega.com/18785

    ■前スレ(1が立った日時:2019/06/13(木) 16:52:23.93)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560438958/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【芸能】超人気3人組バンドメンバーが強制性交逮捕? 新井浩文、山口達也 数々の「予言」的中のナックルズ速報に驚愕】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/14(金) 08:21:49.52

    ◆ 所ジョージ『ポツンと一軒家』危機!「半年持たない」2つの大問題

    日曜日夜(19時58分~)のバラエティ番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が絶好調だ。

    (中略)
     
     日曜の同時間帯はこれまで、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)やNHK大河ドラマといった人気番組が放送されており、高視聴率をとるのは難しいと言われていた。

    「『ポツンと』はシニア層をターゲットに絞った番組作りをしています。その層の視聴者が興味があるのは、同世代の他人の私生活なのではという狙いが大当たりして、これまで大河ドラマを見ていた視聴者が『ポツンと』に流れてきているといわれています。

     ライバル番組の『イッテQ』は、みやぞん(34)がロケ中に骨折したことが報道されたばかりですが、出演者に無理をさせないよう、以前よりも守りに入った内容になっているとされ、また“お祭り企画”のヤラセ疑惑などもあり、こちらからも『ポツンと』に視聴者が流れているようです」(制作会社関係者)

     絶好調の『ポツンと』だが、テレ朝内では“心配”の声も上がっているという。

    「皮肉な話ですが、『ポツンと』の視聴率が良すぎる、と危惧する声があるんです。レギュラー開始時、もちろん期待はあったんですが、ここまでになるとは局内でも誰も考えてはいなかったそうです。というのも、一度視聴率20%を超えてしまうと、局の幹部は、今度はその超高視聴率をキープし、さらに上を求めるものです。また、視聴者からの番組の質への見方も厳しくなってくる。そうした各方面からの高い要求に応えていくのは、制作現場としてはかなりつらいことですからね」(テレ朝関係者)

     と、今後の制作現場への負担が懸念されている。しかし、ある番組関係者は「すでに疲弊しきっていますよ」と語るのだ。いったい、どういうことか!?

    ■ガチで作ってるからこそ浮上する2つの問題

    「正直、『ポツンと』はあと半年持たないのでは、という声も一部にはあります。現状の『ポツンと』には2つの大きな問題があるんです」(前出の番組関係者)

     まず1つ目は“ネタ切れ”だという。

    「今後、取り上げる一軒家が見つからず、継続的に番組を放送できないことです。 『ポツンと』の制作はガチンコでやっています。一切アポを取らず、ポツンと建つ一軒家を調べて、現地まで足を運び、取材交渉をして、うまくいったものだけ放送しているんです。いざ行ってみたら空き家だったなんてこともあり、10回行って放送できるのは1~2回といいます。回を重ねるごとに、取材対象となる一軒家の数も減っていて、これまでは1時間の番組で2軒紹介していましたが、最近は1軒しか取り上げられないことも増えてきています」(番組関係者)

     2つ目はさらに深刻だという。

    「番組作りを担当する制作会社がどんどん離れていっているんです。現地まで行っても、住人から取材NGが出て取材できないこともあります。もちろんそこまでの制作費は出ますが、そこに至るまででも大変な労力がかかるのに、ボツになり放送はされないわけですから、精神的にもキツい。制作ディレクターはかなり疲弊していて、制作会社が次々と『ポツンと』から手を引き始めています。番組の上層部は“『ポツンと』作りませんか?”と、さまざまな制作会社に話を持ちかけているようですが、断る会社も多いそうです。

     以前、テレ朝の同時間帯に放送していた『大改造!!劇的ビフォーアフター』も、リフォームし過ぎて、ネタが追いつかなくなり、レギュラー番組から特番での放送に変わりました。このままでは『ポツンと』もネタ切れや制作会社の撤退で、今後半年足らずで特番に戻ってしまう可能性もあるとささやかれていますね」(前同)

     6月16日日曜日は『ポツンと』の放送はなく、徳光和夫(78)が出演する『路線バスで寄り道の旅』の特番が放送される。『ポツンと』のレギュラー放送継続の危機は、すぐそこに迫っているのだろうか!?

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。

    日刊大衆 2019.06.14 07:08
    https://taishu.jp/articles/-/66263?page=1

    (出典 taishu.jp)


    【【テレビ】所ジョージ『ポツンと一軒家』危機!「半年持たない」2つの大問題】の続きを読む

    このページのトップヘ