気になる!! 芸能ニュースまとめ

みんなが気にしてそうな芸能ニュース、画像などをまとめているサイトです。
芸能界に関する情報以外にも気になるニュースを載せていきたいと思っています。

    カテゴリ: その他



    1 渡る世間は名無しばかり :2019/06/30(日) 23:24:40.93 ID:Ukqu0otf.net

    社会学者/上野千鶴子
    ▽「女性学」「ジェンダー研究」の第一人者。常にその発言が注目に。現役東大生と語り合う特別授業…70歳の今、若者たちへ伝えたいメッセージとは?
    ※前スレ
    情熱大陸【上野千鶴子/東大入学式での祝辞が賛否両論“次の世代"に伝えたいこと】★1
    https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetbs/1561901635/


    【情熱大陸【上野千鶴子/東大入学式での祝辞が賛否両論“次の世代"に伝えたいこと】】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/06/19(水) 23:47:49.52 ID:d2bA5qdS9.net

    【みなさまのNHK】受信料未払い、「恐るべき強敵」には何度も何度も訪問して根負けさせるよう書かれた戦前の徴収マニュアル

    ●戦前の集金員「おだてあげ」「拝み倒し」「説き伏せる」ことが秘法

    戦前も、NHKの前身となる社団法人・日本放送協会の集金員たちは苦労していました。彼らのボヤキが、1934年(昭和9年)に日本放送協会関東支部がまとめたマニュアル「集金の実際と技巧」に掲載されています。

    「わからずやや偏屈な人がいて、涙の出るようなくやしい思いをさせられることがある」 「いかなる罵詈雑言にあってもジッと耐えて、心で泣いて顔で笑うの雅量がなくてはならない」

    この当時、まだテレビはなく、ラジオしかありません。集金員は、各戸を訪ね歩き、ラジオ聴取料の集金と聴取契約の解約を防ごうとしていました。もう85年前の話ですが、各戸を訪問してまわる姿は、今とそんなに違わないのかもしれません。

    この小冊子では、「殊にラジオの集金は、ラジオなるが故に持つ人知れぬ悩みがある」として、「料金の対象が無形の電波であって、物質ではないために、ややもすればその存在価値を軽視される」「必需品とはいえ、未だ電燈・ガス等とは大分距離があり、止しても左程痛痒を感じない」とグチをこぼしています。

    特に苦労していたのが、やはり未収金の回収です。「恐るべき強敵」と表現しています。その「強敵」は、「守銭奴か狡猾なる人」、「無闇に尊大ぶり、金が払えないという者」、「性格的にどうしても金を手放すことができない人」、「徴収方法を研究して、計画的に滞納している者」、「文芸家などの下っ端で、有る時勝負で金を使う者」だそうです。さらに、彼らは「仲間を増やす悪質を持つものであるから油断がならない」と警戒しています。

    これらの者に対しては、「おだてあげ」「拝み倒し」「説き伏せる」ことが「秘法」とされていますが、それでも払わない場合は、表情と口調を険しくする必要があるそうです。やりとりの具体例も記述されていますが、「ないものは払えない」と言われた場合も「別に今無理にと申したのではないのです。まあそのうち参りますからどうぞよろしく」と何度も何度も訪問して、根負けさせるよう書かれています。

    小冊子全体を通じて、何としても徴収するという気概が感じられます。AmazonのKindleで購入できますので、ぜひ興味のある人は読んでみてください。

    ●なぜ集金員たちはこんな苦労を強いられたのか

    では、なぜ集金員はこんな苦労を強いられていたのでしょうか。話は1925年(大正15年)にさかのぼります。東京、大阪、名古屋でラジオ放送が始まると、聴取料と呼ばれる制度が始まりました。

    国は、放送局と聴取契約を結んだ聴取者にだけ、ラジオ受信機の設置許可を与えました。国民は受信機を設置した場合、特許料を国に、聴取料を日本放送協会(当時は社団法人、1926年に設立)に納めることになります。

    聴取料については、国ではなく、日本放送協会が直接徴収する点に特徴があります。だから、集金員はあんなに苦労をして、各戸をまわっていたのです。イギリスなど他の国では、国が徴収する仕組みになっています。

    また、ラジオ放送の主体も、1922年からの試験放送段階では、東京朝日新聞や東京日日新聞(今の毎日新聞)、報知新聞といった民間企業が担っていましたが、結局、公共放送として、日本放送協会が担うことになりました。

    ですから、ラジオ受信機を設置したなら、聴取料を協会に払う、というシンプルなものでした。複数の民放が存在する現在とは大きく異なります。

    ●令和のネット時代、「恐るべき強敵」たちは現れるのか

    そして、時代は戦後へ。1950年4月にいわゆる電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法)が成立し、1953年にテレビ放送がスタート。この年にNHKだけでなく、日本テレビによる本放送も始まっています。この年以降、他の民放各局も次々に開局し、受信料による公共放送と、主に広告収入で運営される民間放送が並存する形となりました。

    聴取料から受信料へと、呼び名と仕組みは変わっても、ラジオのころと変わらないこともあります。それは、イギリスなど他国のように、国が徴収するのではなく、日本放送協会が徴収する仕組みだということです。

    以下ソース先で

    2019年06月16日 09時03分
    弁護士ドットコム
    https://www.bengo4.com/c_23/n_9757/

    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    ★1が立った時間 2019/06/17(月) 15:30:43.79
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560753043/


    【【みなさまのNHK】受信料未払い…「恐るべき強敵」には何度も何度も訪問して根負けさせるようにと書かれた戦前の徴収マニュアル】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/06/18(火) 17:07:38.44 ID:WBUQvjMa9.net

     今や小学生憧れの職業である「YouTuber(ユーチューバー)」。

     動画投稿サイトで自作動画を公開し、閲覧者を獲得、主に広告収入で生活しようとする人を指す。日本でも代表的なユーチューバーの年収は数億円に及ぶとされ、養成学校ができるほどの人気となっている。一方、職業人口が増え、淘汰(とうた)されるユーチューバーも。閲覧者欲しさに過激行為へ走るケースもあり、専門家は「稼げるイメージが先行しているが、今から成功するのは厳しい」と話す。

     子供たちの憧れ

     先月、不登校の自由を主張する沖縄県宜野湾市の10歳のユーチューバー「少年革命家ゆたぼん」が注目された。あどけない少年が「学校へ行くな」「(教師の言うなりの)ロボットになるな」と過激な発言を繰り返す動画には賛否両論が沸き起こり、ちょっとした“炎上”状態に。主張の是非はともかく、地方の小学生が好きなタイミングで好きなことを世界に発信することは、ユーチューバーならではの行為で、既存メディアにできないことではある。

     ネット動画に親しむ子供たちにとって、今やパティシエやサッカー選手と並び、ユーチューバーは憧れの職業だ。学研教育総合研究所が昨年9月、全国の小学1~6年の男女1200人を対象にアンケートを行ったところ、将来つきたい職業で、ユーチューバーが3位にランクインした。

     拡大するユーチューバー市場

     日本で代表的なユーチューバーである「HIKAKIN(ヒカキン)」氏の年収は数億円に及ぶとされる。4つのYouTube(ユーチューブ)チャンネルの登録者数は計1460万人以上。実験やゲーム実況など自作動画の広告収入のほか、テレビやCMにも出演、動画内で商品を紹介してもらおうと企業スポンサーもついている。

     ユーチューバー人口は増加傾向だ。令和4年の国内ユーチューバー市場は579億円規模に達すると予想されている。ユーチューバーになるため、脱サラする人もいて、養成学校もある。老舗専門学校の代々木アニメーション学院(東京都千代田区)でも、需要に対応するため、画像制作などを学べるYouTuber科を、来年度から開講する予定だ。2年間で「声優としての技術」「動画編集などのスキル」を学べるといい、広報担当者は「自分の表現方法の幅を広げるために学びたいと考えている方が多い」と話す。

     厳しい現実

     ただ、ユーチューバー人口が増えれば増えるほど、すでに固定ファンを獲得している古参に比べ、新規参入者が生き残るのは難しくなっている。注目を集めたいばかりに、犯罪行為に走るケースもある。先月は、東京・渋谷のスクランブル交差点にベッドを運び込んで動画撮影し、道交法違反(禁止行為)の疑いでユーチューバーら男女7人が摘発された。なかには「逮捕されても、人気者になれてうれしい」と語る者もおり、あるユーチューバーは「炎上スレスレが一番稼げる」としたり顔で話す。

     一方、ITジャーナリストの高橋暁子氏は「炎上行為だけで稼げるほど甘くない」と指摘する。動画の広告収入は閲覧者数に比例するが、一般的には1再生数につき、0・05~0・1円だという。ユーチューバー人口増により、単価は下げられ続けており、「収益化はどんどん難しくなっている」と話す。安定した収入を得るためには、事務所や企業とタイアップすることが近道だが、「炎上行為を繰り返すユーチューバーに仕事を頼む危険は冒さないだろう」(高橋氏)。

     ユーチューブを運営するグーグル社が単価やルール変更を行い「グーグルに生殺与奪を握られている」リスクもあって、「(飽和状態の)今からヒカキン氏のように成功するのは厳しい。ユーチューブだけでなく、別の新興動画サイトなどに活躍の場を探す方が賢いのでは」と“忠告”する。

     小学生向けユーチューバー教室

     「保護者が恐れるのは、何も知らない子供たちが勝手に動画を撮影し、全世界に公開し、トラブルになること。

    2019年6月18日 16時1分
    産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/16638249/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    関連スレ
    【話題】<人気YouTuber>「5年で1億円貯めた」 勝因は「たまたまYouTube参入時期が早かった」「俺は何の才能もない」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560764059/


    【【小学生憧れの職業】飽和したYouTuber市場 動画1再生で収入は0.1円程度と厳しい現実】の続きを読む



    1 ストラト ★ :2019/06/18(火) 16:23:24.84 ID:Km2LyvME9.net

    2019年6月17日に放送された「ニュースウォッチ9」(NHK総合)に出演していた桑子真帆アナウンサーの衣装が特徴的だったと視聴者の間で話題だ。

    この日、桑子アナが着ていたのはドレス風の2ピース。
    黒のスカート部分に灰色の上半身というシックな衣装だが、注目すべきは肩の部分。
    シースルー状になっており、本人の肩が透けているため、何とも涼し気な雰囲気を漂わせているのが特徴だ。

    ■何とも涼し気なその雰囲気

    放送中、桑子アナはこの日の衣装を特段強調することはなかったが、それでも、桑子アナの衣装に対しては、放送中から視聴者からの絶賛が殺到。
    ツイッターなどには「今日の桑子アナの衣装が刺激的で全然内容が入って来ないやで」と、その奇抜さが良いとする声が上がったほか、「桑子アナ~~~!! お召し物とっても素敵だった どこのブランドのお洋服か知りたい!」と、製品情報を知りたいとする声も。
    また、「桑子アナ、脅威の胸囲」と、驚きを隠せないとするツイートも見られた。

    「ヒールが高い」
    この日、桑子アナは番組開始直後はキャスター席に着席して登場。
    桑子アナの全身が映ったのは21時23分頃で、ペルシア湾で日本企業が所有するタンカーが攻撃を受けたことに関連するニュースを伝えている最中だった。
    衣装については上半身に関しては番組開始直後から視聴者からの関心が殺到していたが、全身が映った際にはスカートが黒であることが判明したほか、靴が黒のハイヒールであることも明らかに。
    このため、視聴者からは「桑子アナ、素敵ね!! 」「ヒールが高い」などの反応が相次いだ。

    なお、21時44分頃には天気予報のコーナーの最初に、この日の満月が特集されたが、この時も桑子アナの全身がテレビに大写しに。
    スタジオの中のモニターに映る満月を愛でる桑子アナのスラリとしたその姿に魅了される視聴者が続出した。

    この日の放送では、ニュースの内容以そっちのけで桑子アナに圧倒されてしまった視聴者は多かったようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000003-jct-ent

    「ニュースウォッチ9」 桑子真帆アナ

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【女子アナ】NHK桑子アナの刺激的な衣装に視聴者騒然「脅威の胸囲」「全然内容が入って来ない」の声(画像あり)】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/06/11(火) 08:05:03.80

    「いだてん」は1964年の東京オリンピックをテーマに、86年「いのち」以来33年ぶりとなる近現代が舞台の大河。
    主人公が交代するリレー形式をとるなど、近年にない冒険的な作風とされる。

    20年の大河は、長谷川博己(42)が明智光秀役で主演する「麒麟がくる」。21年の作品は「現在検討中」(同局関係者)。

    新元号「令和」の出典になった万葉集に登場する人々を題材に推す意見もあったが、
    局内では「いだてん」の不調を受け「やはり戦国時代以外はなかなか視聴者に受け入れられない。冒険的な作品は難しいだろう」という声が上がっている。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/11/kiji/20190610s00041000451000c.html

    【視聴率】 NHK「いだてん」、大河ドラマ史上ワースト記録を更新 6・7% ★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560154619/


    【【大河ドラマ】 NHK局内 「やはり戦国時代以外はなかなか視聴者に受け入れられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ