気になる!! 芸能ニュースまとめ

みんなが気にしてそうな芸能ニュース、画像などをまとめているサイトです。
芸能界に関する情報以外にも気になるニュースを載せていきたいと思っています。

    カテゴリ: 映画



    1 幻の右 ★ :2019/08/16(金) 04:14:32.42 ID:/QPO4ZHL9.net

    映画「アルキメデスの大戦」山本五十六役・舘ひろし氏


    74年前の8月15日、戦争が終わった。第2次世界大戦下、日本の最高技術を結集して建造された戦艦「大和」。
    公開中の映画「アルキメデスの大戦」(山崎貴監督)では、史実とフィクションを交えながら巨大戦艦誕生までの攻防を描く。

    戦争シーンはほとんどなく、不正を暴くプロセスを丁寧に描いたこの作品。
    「建造計画を止めることが戦争回避に通ずる」と主張した軍人、山本五十六を演じた役者は何を思ったか。

    ――振り返ると、なぜあのとき止められなかったのだろうと思ってしまいます。

    いま考えたら日本中の誰もが分かる。日本海軍は世界第3位の強さを持っていたけれど、米国と戦争してかなうわけがない。
    艦隊派といわれた人は、海軍兵学校や陸軍士官学校、あるいは東大を出ている。

    日本の頭がいいといわれる人たちが戦争をして勝てるかもしれないと思った。ここに戦争の本質がある。
    みんな戦争のことを話したがらないけれども、実はここをもう一回総括するべきだと思う。
    なぜかというと、太平洋戦争というのは日本のエリートたちが犯した失敗の宝庫だから。

    ――総括ができていないと思われますか?

    五十六が「これからは飛行機の時代」って言っているのに巨大戦艦が造られてしまった。止めることができなかった。
    山崎監督がおっしゃっていますが、「大和」というのは日本という国の象徴ですよね。絶対に沈まないと思って造っている。
    世の中に絶対がないということがどうして分からないのかな。本当に無責任な戦争をしたと思います。

    ――失敗を反省していないことが現代につながっている。

    本当にたくさんの失敗をした。骨のある軍人は自決し、生き残った軍人たちはどこか死にきれなかった。
    仲間が死んでいったという気持ちがあるので話したがらない。それからズルした軍人たちは知らんぷりをして蓋をしてしまう。

    どうしてうまくいったのか、なぜ失敗したのかを検証しないんですね。失敗したことに関して、傷口に塩を塗るなみたいな風潮がある。
    日本人にとって気分がいいのかもしれないけれど、それは戦争について真剣に考えていないんじゃないかと思うんだよね。

    ――一度始めてしまうと思考停止し、落ちるところまで落ちないと気がすまない歴史があります。

    日本では戦闘で負けて帰ってきても、まだ機動部隊の司令長官だったり。情に流されて能力主義じゃないところがある。
    なんとなく雰囲気に流されて、情とか気分で戦争してたんじゃないかな。

    ――山崎監督は「大和が抱えていた問題を考えることは、今の日本を考えることにつながる」と危惧しています。

    まず「大和」という巨大戦艦を造ってしまったという事実、この失敗をちゃんと検証するべき。
    いわゆる声の大きい人間に押されていく傾向がありますよね。戦争はしてはいけないというのと、
    国を守るということがごっちゃになってしまって整理できていないと思います。

    例えば、毎日のように北朝鮮のミサイル発射のニュースを見ます。
    トランプ大統領は「短距離ミサイルだから大丈夫」と言っているけれど日本には届くんですよ。それでいいんでしょうか。


    ▼舘ひろし(たち・ひろし)1950年、愛知県名古屋市生まれ。76年「暴力教室」で映画デビュー。
    83年から石原プロモーションに所属し、俳優として活躍。主な出演作品に映画「免許がない!」「さらば あぶない刑事」、
    「パパとムスメの7日間」(TBS系)など。2018年公開「終わった人」では、カナダ・モントリオール世界映画祭最優秀男優賞を受賞。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260305

    ★1が立った日時:2019/08/15(木) 16:43:58.27

    ※前スレ
    【芸能】 舘ひろし 「太平洋戦争は日本のエリートたちが犯した失敗の宝庫だ」★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565877598/


    【【芸能】 舘ひろし 「太平洋戦争は日本のエリートたちが犯した失敗の宝庫だ」】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/08/04(日) 15:18:54.40

    『この世界の片隅に』地上波初放送 のんの声に「素晴らしい」絶賛の声
    2019/8/4 10:09 クランクイン!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00067462-crankinn-ent

    『この世界の片隅に』で主人公・すずの声を務めたのん クランクイン!

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     女優ののんが声優を務める長編アニメーション映画『この世界の片隅に』が3日、NHK総合で地上波初放映され、ヒロインの声を担当したのんの熱演にSNSには「演技良いなぁ」「のんは天才」など絶賛するの声が殺到した。

     本作はこうの史代の同名コミックを片渕須直監督がアニメ化した長編映画。2016年に劇場公開されると口コミで評判が広まり公開規模が拡大に話題になり、数々のアニメ映画賞を受賞した。

    (中略)

     物語の冒頭、すずの子ども時代のアニメーションに「うちはよぉ、ボーっとした子じゃあ言われとって…」というすずのモノローグが重なると、ネットは「のんさんが、NHKに...戻ってきたよ~」「のんさんの声が聞けるだけで嬉しい」といった歓喜の声や「声が本当にすずちゃんにぴったりでなぜだか泣けてくる...」「のんは天才。素晴らしい声の表現」と絶賛のコメントが溢れた。

     さらに「放送してくれたNHKありがとう!」と地上波で初放送されたことについてコメントも集まり、ゴールデンボンバーの歌広場淳も「本当にこの作品がNHKで放送されることが嬉しいです。」とツイートしている。

     放送終了後にはのん本人も公式ツイッターで、「NHKにての放送観てくださった皆様ありがとうございました。たくさんのツイートがあって本当に嬉しかったです(原文ママ)」とコメント。続けて「私は、片渕監督始めスタッフ・キャストの皆様もクラウドファンディングで参加した皆様も、そして観てくださった皆様も、すずさんと同じ時間を過ごした同士だと思える。それがこの上なく幸せです」とつづっている。

    引用:「のん official」ツイッターアカウント(@non_staffnews)
       「歌広場 淳」ツイッターアカウント(@junjunmjgirly)

    (おわり)

    (★1=2019/08/04(日) 12:17:34.56 )
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564888654/


    【【映画】『この世界の片隅に』地上波初放送 のんの声に「素晴らしい」絶賛の声】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2019/08/01(木) 05:04:26.83

    8/1(木) 5:00 サンケイスポーツ
    「シン・ゴジラ」庵野秀明氏、次は『シン・ウルトラマン』!主人公に斎藤工
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000504-sanspo-movi

    ウルトラマン(1966年放送)(C)円谷プロ

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     2016年公開の「シン・ゴジラ」でゴジラの襲来をリアルに描いた企画・脚本の庵野秀明氏(59)と樋口真嗣監督(53)の最強コンビが特撮テレビドラマの最強ヒーロー、ウルトラマンを「シン・ウルトラマン」(2021年公開予定)として映画化することが31日、分かった。ウルトラマンに変身する主人公を演じる斎藤工(37)、長澤まさみ(32)、西島秀俊(48)の主要キャストも決定。日本を代表するヒーローが現代社会を舞台に躍動する!

     1966(昭和41)年に誕生し、今も大人気のウルトラマンが“シン”化して令和のスクリーンに帰ってくる。

     「新世紀エヴァンゲリオン」で知られる企画・脚本の庵野氏はウルトラマンシリーズのファンを公言。大阪芸術大在学中には自ら主演して監督した8ミリ映画「DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン」を自主製作したこともある。

     初代「ゴジラ」(1954年)の現代社会での再構築だった「シン・ゴジラ」では、本当にゴジラが現れたら政府や自衛隊はどう動くかを徹底リサーチして映像化。興収82・5億円の大ヒットを記録し、第40回日本アカデミー賞でも作品賞、監督賞など主要7部門で最優秀を受賞するなど作品としても高評価を得た。

     今回も盟友・樋口監督とタッグを組み、初放映時に初めてテレビで「ウルトラマン」を“目撃”したときと同様の衝撃を与える作品を目指す。

     物語の詳細に触れるため、それぞれの役柄はトップシークレットだが、3人のキャストはいずれも“巨大生物に対抗する組織”のメンバー。斎藤は主人公である“ウルトラマンになる男”を演じ、「一度だけ生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会があり、前のめりに当時の円谷プロや『ウルトラマン』の様々な話を伺えたことは全て“ココ”に繋がっていたのでは」と感激。ウルトラシリーズの名演出家との邂逅(かいこう)も交えて武者震いした。

     主人公の相棒に扮する長澤は「思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精いっぱい。作品を通して少しでも多くの人の心に届くものになれば」と、「シン・ゴジラ」級の緊迫感を保証。

     主人公の同僚役の西島は「驚きと興奮がいまだに冷めません。ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています」と意気込む。

     「進」「新」「真」「深」など、さまざまな言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新プロジェクトが始動。最高のスタッフ、キャストが“誰も見たことのないウルトラマン”を創り上げる。


    (おわり)


    【【映画】「シン・ゴジラ」庵野秀明氏、次は『シン・ウルトラマン』!主人公に斎藤工】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/30(火) 06:43:09.54

     映画『天気の子』大ヒット御礼舞台あいさつが29日に都内で行われ、公開11日間で観客動員数300万人、興行収入40億円を突破したことが発表されると、新海誠監督は満面の笑みを浮かべ、観客に感謝の意を述べた。

     本作は、『君の名は。』で国内興収250.3億円を記録した新海監督の最新作。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年・帆高と少女・陽菜が、自らの生き方を選択していく姿が描かれる。この日のイベントには新海監督のほか、醍醐虎汰朗(帆高役)、森七菜(陽菜役)、本田翼(夏美役)、小栗旬(須賀圭介役)が登壇した。

     全国映画動員ランキングで2週連続1位、7月19日の公開から11日間で興収40億円突破と、夏休みに入り勢いを増している『天気の子』。新海監督が「10回以上観た方いらっしゃいますか?」と客席に問いかけると、手を挙げるファンも。やや驚きの表情を見せつつ「本当にありがとうございます。公開から11日が経過しましたが、ようやく映画がお客さまのものになっていっているなという実感がしみ込んできました」と語ると、「Twitterなどでエゴサーチをするのですが、いろいろな意見をいただき、広がっているなと感じています」としみじみ付け加えた。

     また、醍醐が「半年ぐらい魂を込めて演じた作品が、多くの人に届いていると実感できるのは幸せです」と笑顔を見せると、すでに複数回鑑賞したお客さんが多数いたことに森も「1度限りではなく、また劇場に足を運んでいただけるのが嬉しい。改めて新海監督の力はすごいなと感じました」と驚いた様子だった。

     これからさらにプロモーション活動は続いていくが「もし夏休みがあるなら何をしたい?」と聞かれた新海監督は、「たぶん(夏休みは)ない気がするのですが、もしあるなら次の映画のことを考えたい。そうしないと3年後に観てもらえないので」と発言。映画への熱い思いを述べる新海監督について、“自分だけが知っている新海監督”というテーマでフリップトークが展開される一幕も。キャスト陣は「超マイナスイオン系のお父さんだ」(醍醐)、「ドSだ」(森)、「軽やかだ」(本田)、「抜群だ」(小栗)とその魅力を表現していた。(磯部正和)


    2019年7月29日 19時50分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0110189

    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【映画】『天気の子』40億円突破!10回以上鑑賞したファンに新海誠監督びっくり】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/16(火) 05:53:05.72

    英国のスパイ映画『007』では50年以上に渡り白人男性が歴代ジェームズ・ボンド(007)を演じてきましたが、それが変わる可能性が出てきました。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    6代目ジェームズ・ボンドを演じる俳優、ダニエル・クレイグ氏(51)が2020年公開のシリーズ最新作『Bond 25』で卒業することに。
    そこで黒人女優のラシャーナ・リンチさん(31)が彼の後を引き継ぐMI6所属の諜報員「007」として登場する、と関係筋が英紙Daily Mailに明かしています。

    「映画冒頭では『007入りなさい』とのM局長の招集に応じて、美しい黒人女性ラシャーナさんが登場する驚きのシーンがあります。ボンドは今作でも(クレイグ演じる)ボンドですが、コードネーム007は彼からこの女性に取って代わります」

    新しい007はラシャーナ・リンチさんか

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    英紙Daily Mailとは別に、海外メディアScreenRantも「ラシャーナ・リンチが新しい007としてクレイグの後を継ぐ可能性がある」と先日報じていました。
    ラシャーナさんと言えば、映画『キャプテンマーベル』マリア・ランボー役で知られる英国の実力派女優です。

    「今作は現代的なボンド映画であり、我々が期待する作風に忠実でありながらも、若い世代にも訴求力のあるものになる」と関係筋。
    「目を見張るようなチェイスシーンや戦いはあるものの、(クレイグ演じる)ボンドは#MeToo世界の”扱い方”を学ばなければならない」と続けています。

    http://yurukuyaru.com/archives/80412802.html

    ★1が立った日時:2019/07/15(月) 21:59:53.08

    前スレ
    【映画】ジェームズ・ボンド映画で新しい『007』役に黒人女性を起用 海外で大論争が巻き起こる(写真あり)★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563201364/


    【【映画】ジェームズ・ボンド映画で新しい『007』役に黒人女性を起用 海外で大論争が巻き起こる(写真あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ